瀬戸内寂聴

概要

 瀬戸内寂聴(せとうちじゃくちょう) 大正十一(1922)年壬戌(みずのえいぬ59)五月十五日生誕 -令和三(2021)年十一月九日遷化(九十九歳)は 、小説家、天台宗の尼僧。

経歴

  大正十一(1922)年壬戌(みずのえいぬ59)五月十五日に瀬戸内寂聴は徳島県徳島市塀裏町(現、 徳島県徳島市幸町)で仏壇店を営む父・三谷豊吉と母・コハルの次女として誕生する。

  東京女子大学国語専攻部を卒業する。昭和二十五年(1950年)に東京へ行き小説家を目指す。 昭和三十一年(1956年)に処女作「痛い靴」を『文学者』に発表する。 昭和四十八年(1973年)に今東光大僧正を師僧として中尊寺において天台宗で得度する。法名を寂聴とする。 令和三(2021)年十一月九日に瀬戸内寂聴は薨去。九十九年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。