山下清

概要

 山下清(やましたきよし) 大正十一(1922)年壬戌(みずのえいぬ59)三月十日生誕 -昭和四十六(1971)年七月十二日逝去(四十九歳)は、画家。

経歴

  大正十一(1922)年壬戌(みずのえいぬ59)三月十日に山下清は東京府東京市浅草区田中町(現、東京都台東区日本堤)で父・大橋清治と母・ふじの長男として誕生する。

 昭和九(1934)年五月に知的障害児施設の八幡学園に入園する。昭和十五年(1940年)に八幡学園を脱走して放浪の旅に出る。戦後に「日本のゴッホ」「裸の大将」と呼ばれる。 昭和四十六(1971)年七月十二日に山下清は逝去。四十九年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。