西周

西周
西周 文化人シリーズ切手

概要

 西周(にしあまね)文政十二年己丑(つちのとうし26)二月三日(1829年3月7日)生誕 – 明治三十(1897)年一月三十一日薨去(六十七歳) は、江戸時代後期から明治時代初期の日本の哲学者、教育家、啓蒙思想家、幕臣、官僚です。獨逸学協会学校 (現・獨協中学校・高等学校) 初代校長、貴族院議員、男爵、錦鶏間祗候。西周助(にし しゅうすけ)とも名乗りました。

経歴

 文政十二年己丑(つちのとうし26)二月三日(1829年3月7日)に、西周は、石見国津和野藩(現、島根県津和野町)の御典医の家に誕生。幼名、経太郎。父・西時義(旧名・森覚馬)は森高亮の次男で、川向いには森高亮の曾孫にあたる森鴎外の生家があります。

島根県津和野町
森鴎外

 天保十二年(1841年)に藩校・養老館で蘭学を学びました。安政四年(1857年)に津田正道と知り合い、哲学など、西洋の学問を学びました。文久二年(1862年)に幕命で津田真道・榎本武揚らとオランダに留学しました。オランダでは、「カント哲学」、「経済学」、「国際法」を学びました。慶応元年(1865年)に帰国しました。帰国後、目付に就任して、徳川十五代将軍の徳川慶喜の側近として使えました。慶応五年(1868年)に沼津兵学校初代校長に就任。同年、『万国公法』を訳し公刊しました。

養老館
津田正道
榎本武揚
徳川慶喜
沼津兵学校
万国公法

 明治三年(1870年)に明治新政府に出仕。兵部省、文部省、宮内省の完了を歴任し、軍政の整備とその精神の確立に努めました。明治六年(1873年)に明六社を結成。機関紙『明六雑誌』を発行。啓蒙家として、西洋哲学の翻訳等で、哲学の基礎を築きました。明治十六年(1883年)に獨逸学協会学校 (現・獨協中学校・高等学校) 初代校長に就任。明治二十三(1890)年九月二十九日に貴族院勅選議員に任命。同年十月二十日に錦鶏間祗候となりました。体の衰弱により、明治二十五年(1892年)に大磯の別邸に転居されました。不自由の体にもかかわらず、西洋の心理学と、東洋の儒教・仏教の思想を統一した新しい心理学の体系を書き続けました。明治三十(1897)年一月三十一日に「哲学」・「知識」・「概念」という訳語を創った知識人の西周は六十七年の生涯を終えました。

明六雑誌
獨逸学協会学校

伝記

西周:兵馬の権はいずこにありや (ミネルヴァ日本評伝選)

近代日本哲学の祖・西周――生涯と思想 (文藝春秋企画出版)

日本の名著〈34〉西周・加藤弘之 (1972年)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA