歴史年表

西暦元号干支天皇政治・社会・文化
旧石器時代    約3500年前 
縄文時代        約1300年前 
前660  神武辛酉58神武(ジンム)1初代神武天皇即位
前581  綏靖庚辰17(スイ)(ゼイ)2 
前548  安寧癸丑50安寧(アンネイ)3 
前510懿徳辛卯28()(トク)4 
弥生時代    約前400年 
前475孝昭丙寅3(コウ)(ショウ)5 
前392孝安己丑26孝安(コウアン)6北部九州で水稲農耕が本格化 
前290孝霊辛未8(コウ)(レイ)7約前250年東北地方北部で水田を造成 
前214孝元丁亥24孝元(コウゲン)8 
前157開化甲申21開化(カイカ)9 
前97崇神甲申21()(ジン)10 
前29垂仁壬辰29(スイ)(ニン)11 
紀元前 BC
紀元    AD
71景行辛未8(ケイ)(コウ)1257 倭の奴国王後漢の光武帝から印綬を授けられる(『後漢書』)
131成務辛未8(セイ)()13147~188卑弥呼邪馬台国の女王となる
239 卑弥呼が魏に使者を派遣する(『魏志倭人伝』)
192仲哀壬申9仲哀(チュウアイ)14 
約 260 古墳時代
270応神庚寅27(オウ)(ジン)15 
313仁徳癸酉10仁徳(ニントク)16391 倭軍が百済・新羅を攻撃する
400履中庚子37履中(リチュウ)17 
400 高句麗が倭軍を撃退する
406反正丙午43反正(ハンゼイ)18 
412允恭壬子49(イン)(ギョウ)19 
454安康甲午31安康(アンコウ)20 
457雄略丁酉34雄略(ユウリャク)21 
480清寧庚申57(セイ)(ネイ)22 
485顕宗乙丑2顕宗(ケンゾウ)23 
488仁賢戊辰5(ニン)(ケン)24 
499武烈己卯16武烈(ブレツ)25 
507継体丁亥24継体(ケイタイ)26 
531安閑辛亥48安閑(アンカン)27 
536宣化丙辰53宣化(センカ)28 
538 戊午55 仏教が百済から伝来
539欽明己未56(キン)(メイ)29 
572敏達壬辰29()(ダツ)30蘇我馬子と物部守屋が権力掌握
 
585用明乙巳42(ヨウ)(メイ)31 
587崇峻丁未44()(シュン)32587 蘇我氏が物部氏を討滅
 
飛鳥時代
592推古壬子49推古(スイコ)33推古天皇即位(初の女帝)
593推古1癸丑50聖徳太子が皇太子に任命される
600推古8庚申57最初の遣隋使
604推古12甲子1聖徳太子による憲法17条制定
607推古15丁卯4法隆寺建立
小野妹子髄に派遣
620推古28 聖徳太子、蘇我馬子『天皇記』『国記』録
622推古30壬午19聖徳太子4月8日斑鳩宮で没48歳
626推古34丙戌23 蘇我蝦夷が大臣となる
629舒明己丑26(ジョ)(メイ)34蘇我蝦夷が政治の実権を掌握する
630舒明2庚寅27第1回遣唐使に犬上御田鍬を遣す
632舒明4壬辰29犬上御田鍬、唐使高表仁とともに帰国
640舒明12庚子37 学問僧の南渕請負安、留学生の高向玄理が帰国
642皇極壬寅39(コウ)(ギョク)35皇極天皇即位
643皇極2癸卯40蘇我入鹿が聖徳太子の子、山背大兄王を襲撃
645大化元乙巳42 6月12日 中大兄皇子(天智天皇)と
中臣鎌足(藤原鎌足)が蘇我入鹿を殺害
孝徳36 6月13日 蘇我蝦夷が自殺 (乙巳の変)
 6月14日 孝徳天皇即位
 6月19日 初の元号 大化と定める
646大化2丙午43 1月1日 改新之詔を宣する
650白雉庚戌47 2(ガツ)15(ニチ) (ハク)()と改元
654白雉4甲寅51 孝徳天皇没
655斉明元乙卯52(サイ)(メイ)37皇極天皇、重祚(チョウソ) 斉明天皇即位
658斉明4戊午55 阿倍比羅夫を蝦夷の地に派遣
660斉明6庚申57 百済(クダラ)滅亡(メツボウ)
661斉明7辛酉58 斉明天皇(サイメイテンノウ)(ボツ)
662天智元壬戌59中大兄(ナカノオオエ)中大兄皇子(ナカノオオエノオウジ)称制(ショウセイ)即位(ソクイ)(マエ)称号(ショウゴウ)
663天智2癸亥60称制(ショウセイ)白村江(ハクソンコウ)(タタカイ)大敗(タイハイ)
667天智6丁卯4 近江(オウミ)(オオ)津宮(ツノミヤ)遷都(セント)
668天智7戊辰5天智(テンジ)38天智天皇(テンジテンノウ)即位(ソクイ)
671天智10辛未8 天智天皇(テンジテンノウ)(ボツ)
672天武元壬申9弘文39弘文(コウブン)天皇(テンノウ)即位(ソクイ)
672天武元壬申9 弘文天皇自殺(ジサツ) 壬申(ジンシン)(ラン)
673天武2癸酉10天武(テンム)40天武天皇(テンムテンノウ)即位(ソクイ)
686朱鳥元丙戌23 天武天皇没
690持統4庚寅27持統41持統(ジトウ)天皇(テンノウ)即位(ソクイ)
694持統8甲午31 藤原京に遷都
697文武元丁酉34文武42文武天皇即位
701大宝元辛丑38 大宝律令制定
704慶雲元甲辰41  
707慶雲4丁未44元明43元明天皇即位
708和銅元戊申45和同開珎を発行
710和銅3庚戌47平城京に遷都
奈良時代   710年 
712和銅5壬子49 太安万侶 『古事記』を撰上
715霊亀元乙卯52元正44元正天皇即位
717養老元丁巳54郷里制の施行
718養老2戊午55藤原不比等による養老律令の撰定
720養老4庚申57 『日本書紀』30巻奏上
724神亀元甲子1聖武45聖武天皇即位
729天平元己巳6長屋王の変
740天平12庚辰17藤原広嗣の乱
743天平15癸未20墾田永年私財法の施行
744天平16甲申21 難波宮に遷都
749天平感宝元 天平勝宝元己丑26孝謙46孝謙天皇即位
757天平宝字元丁酉34 養老律令を施行
758天平宝字2戊戌35淳仁47淳仁天皇即位
760天平宝字4庚子37 恵美押勝(藤原仲麻呂)が太政大臣の就任
764天平宝字8甲辰41称徳48恵美押勝の乱 淳仁天皇淡路国に幽閉し、孝謙天皇太上天皇重祚し(称徳天皇)即位
765天平神護元乙巳42 道鏡を太政大臣禅師とする
766天平神護2丙午43 道鏡を法王とする
767神護景雲元丁未44  
770宝亀元庚戌47光仁49称徳天皇没 光仁天皇即位
781天応元辛酉58桓武50桓武天皇即位
782延暦元壬戌59  
784延暦3甲子1 長岡京に遷都
794延暦13甲戌11 平安京に遷都
平安時代    794年
804延暦23甲申21 最澄、空海遣唐使第一船で渡航
805延暦24乙酉22 最澄帰国 天台宗を創設
806大同元丙戌23平城51桓武天皇崩御 平城天皇即位 空海帰国 真言宗を創設
809大同4己丑26嵯峨52嵯峨天皇即位
810弘仁元庚寅27 蔵人所創設 藤原冬継を頭とする 藤原薬子を解任 (平城太上天皇の変 薬子の変)
823弘仁14癸卯40淳和53嵯峨天皇譲位 淳和天皇即位
824天長元甲辰41  
833天長10癸丑50仁明54淳和天皇譲位 仁明天皇即位
834承和元甲寅51  
848嘉祥元戊辰5  
850嘉祥3庚午7文徳55仁明天皇崩御 文徳天皇即位
851仁寿元辛未8  
854斉衡(サイコウ)甲戌11  
857天安元丁丑14 藤原良房 太政大臣とする
858天安2戊寅15清和56文徳天皇崩御 清和天皇即位
859貞観元己卯16  
866貞観8丙戌23 応天門の変 伴善男・中庸父子らを追放 藤原良房 清和天皇の摂政となる
876貞観18丙申33陽成57清和天皇譲位 陽成天皇即位
877元慶元丁酉34  
884元慶8甲辰41光孝58陽成天皇譲位 光孝天皇即位 藤原基経が関白に
885仁和元乙巳42  
887仁和3丁未44宇多59光孝天皇崩御 宇多天皇即位
889寛平元己酉46 高望王 平朝臣姓を賜う 桓武平氏
891寛平3辛亥48 菅原道真を蔵人頭とする
894寛平3甲寅51 遣唐使中止
897寛平9丁巳54醍醐60宇多天皇譲位 醍醐天皇即位
898昌泰元戊午55  
901延喜元辛酉58 菅原道真を太宰権師に左遷(昌奏の変)
923延長元癸未20  
930延長8庚寅27朱雀61醍醐天皇崩御 朱雀天皇即位 藤原忠平が朱雀天皇の摂政となる
931承平元辛卯28  
938天慶元戊戌35  
939天慶2己亥36 平将門の乱 藤原純友の乱
946天慶9丙午43村上62朱雀天皇譲位 村上天皇即位
947天暦元丁未44  
957天徳元丁巳54  
961応和元辛酉58  
964康保元甲子1  
967康保4丁卯4冷泉63村上天皇崩御 宇多天皇即位
968安和元戊辰5  
969安和2己巳6円融64冷泉天皇譲位 円融天皇即位
970天禄元庚午7 藤原伊尹 摂政となる
973天延元癸酉10  
974天延2甲戌11 藤原兼通 太政大臣となる
976貞元元丙子13  
978天元元戊寅15 藤原頼忠 太政大臣となる
983永観元癸未20  
984永観2甲申21花山65円融天皇譲位 花山天皇即位
985寛和元乙酉22  
986寛和2丙戌23一条66花山天皇譲位 一条天皇即位
987永延元丁亥24  
989永祚元己丑26 藤原兼家 太政大臣となる
990正暦元庚寅27 藤原兼家を関白とする 藤原道隆を関白とする
995長徳元乙未32  
999長保元己亥36  
1004寛弘元甲辰41  
1011寛弘8辛亥48三条67一条天皇譲位 三条天皇即位
1012長和元壬子49  
1016長和5丙辰53後一条68三条天皇崩御 後一条天皇即位 藤原道長を摂政とする
1017寛仁元丁巳54 藤原頼通 内大臣となる 藤原道長を太政大臣とする
1019寛仁3己未56 刀伊の入寇 藤原頼通 関白となる 
1021治安元辛酉58  
1024万寿元甲子1  
1027万寿4丁卯4 藤原道長 没
1028長元元戊辰5 平忠常の乱
1036長元9丙子13後朱雀69後一条天皇崩御 後朱雀天皇即位
1040長久元庚辰17  
1044寛徳元甲申21  
1045寛徳2乙酉22後冷泉70後朱雀天皇譲位 後冷泉天皇即位 寛徳の荘園整理令
1046永承元丙戌23  
1051永承6辛卯28 前九年の役 始まる
1052永承6壬辰29 藤原頼通 宇治別業を寺とし、平等院と号す
1053天喜元癸巳30 藤原頼通 平等院阿弥陀堂を供養
1058康平元戊戌35  
1062康平5壬寅39 前九年の役 終わる
1065治暦元乙巳42  
1068治暦4戊申45後三条71後冷泉天皇崩御 後三条天皇即位
1069延久元己酉46 延久の荘園整理令
1072延久4壬子49白河72後三条天皇譲位 白河天皇即位
1074承保元甲寅51  
1077承暦元丁巳54  
1081永保元辛酉58  
1083永保3癸亥60 後三年の役 
1084応徳元甲子1  
1086応徳3丙寅3堀河73白河天皇譲位 堀河天皇即位 白河上皇による院政の開始
1087寛治元丁卯4  
1090寛治4庚午7 白河上皇 熊野に御幸 熊野信仰盛んになる
1094嘉保元甲戌11 藤原伊房 遼との私貿易て処罰
1096永長元丙子13 白河上皇 出家 法皇となる
1097承徳元丁丑14  
1099康和元己卯16  
1104長治元甲申21  
1105長治2乙酉22 藤原清衡 陸奥の国平泉に中尊寺造立
1106嘉承元丙戌23  
1107嘉承2丁亥24鳥羽74堀河天皇崩御 鳥羽天皇即位    源義親の乱
1108天仁元戊子25  
1110天永元庚寅27  
1113永久元癸巳30  
1118元永元戊戌35  
1120保安元庚子37  
1123保安4癸卯40崇徳75 
1124天治元甲辰41 藤原清衡 中尊寺金色堂を建立
1126大治元丙午43  
1131天承元辛亥48  
1132長承元壬子49  
1135保延元乙卯52  
1141永治元辛酉58近衛76崇徳天皇譲位 近衛天皇即位
1142康治元壬戌59  
1144天養元甲子1  
1145久安元乙丑2  
1151仁平元辛未8  
1154久寿元甲戌11  
1155久寿2乙亥12後白河77近衛天皇崩御 後白河天皇即位    
1156保元元丙子13 保元の乱
1158保元3戊寅15二条78後白河天皇譲位 二条天皇即位 後白河上皇 院政開始
1159平治元己卯16 平治の乱
1160永暦元庚辰17 源義朝 尾張で謀殺 源頼朝 伊豆へ配流 平清盛 正三位に叙せられ公卿となる
1161応保元辛巳18  
1163長寛元癸未20  
1165永万元乙酉22六条79二条天皇譲位 六条天皇即位 
1166仁安元丙戌23  
1167仁安2丁亥24 平清盛 太政大臣に就任
1168仁安3戊子25高倉80六条天皇譲位 高倉天皇即位            平清盛 出家
1169嘉応元己丑26 後白河上皇 出家
1171承安元辛卯28 平清盛の娘徳子 高倉天皇に入内
1174承安4甲午31 後白河上皇と平清盛 厳島神社に参詣
1175安元元乙未32 法然房源空 専修念仏を唱える
1177治承元丁酉34  
1179治承3己亥36 平清盛 後白河法皇を鳥羽電に幽閉
1180治承4庚子37安徳81高倉天皇譲位 安徳天皇即位 以仁王 平氏追討令旨を発す 富士川の戦い          
1181養和元辛丑38 養和の飢饉
1182寿永元壬寅39  
1183寿永2癸卯40後鳥羽82後鳥羽天皇即位
1184元暦元甲辰41 一の谷の戦い
鎌倉時代
1185文治元乙巳42 屋島の戦い 壇ノ浦の戦い 平氏滅亡 安徳天皇崩御 守護・地頭の設置
1189文治5己酉46 源義経 藤原泰衡に討たれる  源頼朝 藤原泰衡を討つ 奥州平定
1190建久元庚戌47  
1192建久3壬子49 後白河法皇 崩御 源頼朝 初代征夷大将軍に就任
1198建久9戊午55土御門83後鳥羽天皇譲位 土御門天皇即位            
1199正治元己未56 源頼朝 没 
1201建仁元辛酉58 快慶 東大寺僧形八幡神像
1202建仁2壬戌59 栄西(臨済宗の開祖) 建仁寺を創建
1203建仁3癸亥60 比企氏の乱 源実朝 征夷大将軍就任   北条時政 初代執権(政所別当)就任  運慶・快慶ら東大寺南大門金剛力士像
1204元久元甲子1 源頼家(二代目将軍) 伊豆修善寺で殺害
1205元久2乙丑2 畠山重忠 敗死 北条義時二代執権就任   
1206建永元丙寅3  
1207承元元丁卯4 九条兼実 没  承元の法離 法然を土佐、親鸞を越後に配流
1210承元4庚午7順徳84土御門天皇譲位 順徳天皇即位            
1211建暦元辛未8  
1213建保元癸酉10 和田義盛敗死 北条義時侍所別当を兼任
1219承久元己卯16 源実朝(三代将軍)源公暁に殺害される(源氏嫡流断絶) 北条政子が幕府の実権を握る
1221承久3辛巳18仲恭85   後堀河86承久の乱 六波羅探題 設置  順徳天皇譲位 仲恭天皇即位  仲恭天皇廃帝 後堀河天皇即位   後鳥羽上皇、讃岐国、土御門上皇を土佐国へ配流
1222貞応元壬午19  
1224元仁元甲申21 北条泰時 三代目執権に就任 親鸞 浄土真宗を開く
1225嘉禄元乙酉22 北条政子 没
1226嘉禄2丙戌23 藤原頼経 四代征夷大将軍就任(摂家将軍)
1227安貞元丁亥24 道元、帰国 曹洞宗を開く
1229寛喜元己丑26  
1232貞永元壬辰29四条87後堀河天皇譲位 四条天皇即位  御成敗式目(貞永式目)51条を制定
1233天福元癸巳30  
1234文暦元甲午31  
1235嘉禎元乙未32  
1238暦仁元戊戌35  
1239延応元己亥36  
1240仁治元庚子37  
1242仁治3壬寅39後嵯峨88四条天皇崩御 後嵯峨天皇即位 北条経時 四代目執権に就任    
1243寛元元癸卯40  
1244寛元2甲辰41 越前大仏寺(1246年永平寺と改称)創建
1246寛元4丙午43後深草89後嵯峨天皇譲位 後深草天皇即位 北条時頼五代執権に就任 宮騒動 信濃善光寺落慶
1247宝治元丁未44 宝治合戦
1249建長元己酉46  
1252建長4壬子49 藤原頼嗣を廃し宗尊親王が六代将軍に就任(皇族将軍)
1253建長5癸丑50 日蓮 日蓮宗を開く
1255建長7乙卯52 東福寺 創建
1256康元元丙辰53 北条長時六代目執権に就任
1257正嘉元丁巳54  
1259正元元己未56  
1260文応元庚申57亀山90後深草天皇譲位 亀山天皇即位 
1261弘長元辛酉58 日蓮 伊豆へ配流
1264文永元甲子1 北条政村七代執権に就任
1266文永3丙寅3 宗尊親王を廃し惟康親王が七代目将軍に就任
1268文永5戊辰5 高麗使 蒙古国書を持ち太宰府に至る 北条時宗八代目執権に就任
1269文永6己巳6 蒙古使 国書の返書を求める
1270文永7庚午7 朝廷が蒙古への返牒を作るが幕府は送らず
1271文永8辛未8 幕府、九州に所領を持つ御家人に異国警固を命じる
1272文永9壬申9 六波羅南方北条時輔謀殺 二月騒動 大谷本願寺建立
1274文永11甲戌11後宇多91亀山天皇譲位 後宇多天皇即位 文永の役  日蓮 身延山久遠寺を建立  
1275建治元乙亥12 幕府、御家人による異国警固番役を定める
1278弘安元戊寅15  
1281弘安4辛巳18 弘安の役 元軍暴風雨で敗退
1282弘安5壬午19 円覚寺創建
1284弘安7甲申21 北条時宗 没 北条貞時九代執権に就任
1285弘安8乙酉22 霜月騒動
1287弘安8丁亥24伏見92後宇多天皇譲位 伏見天皇即位 
1288正応元戊子25  
1289正応2己丑26 惟康親王を廃し久明親王が八代将軍に就任
1293永仁元癸巳30 平頼綱の乱  鎌倉大地震
1297永仁5丁酉34 永仁の徳政令
1298永仁5戊戌35後伏見93伏見天皇譲位 後伏見天皇即位 
1299正安元己亥36  
1301正安3辛丑38後二条94後伏見天皇譲位 後二条天皇即位 北条師時十代執権に就任 幕府皇位継承に介入(両統迭立)
1302乾元元壬寅39  
1303嘉元元癸卯40  
1305嘉元3乙巳42 嘉元の乱
1306徳治元丙午43  
1308延慶元戊申45花園95後二条天皇崩御 花園天皇即位 久明親王が譲位 守邦親王が九代目将軍に就任 
1311応長元辛亥48 北条宗宣十一代執権に就任 
1312正和元壬子49 北条煕時十二代執権に就任 
1315正和4乙卯52 北条 基時十三代執権に就任 
1316正和4丙辰53 北条 高時十四代執権に就任 
1317文保元丁巳54 文保の和談
1318文保2戊午55後醍醐96 南朝初代花園天皇譲位 後醍醐天皇即位 
1319元応元己未56  
1321元享元辛酉58  
1324正中元甲子1 正中の変
1326嘉暦元丙寅3 北条 貞顕十五代執権に就任 北条守時十六代執権に就任
1329元徳元己巳6  
1331元弘元(南朝)辛未8光厳(北朝初代)元弘の変 楠木正成挙兵 幕府 光厳天皇(北朝初代天皇)擁立
1332正慶元壬申9 元弘2 後醍醐 讃岐国に配流
1333元弘3 正慶2癸酉10 足利尊氏 六波羅探題を攻略 新田義貞 鎌倉幕府を攻略 鎌倉幕府滅亡
1334建武元(南朝・北朝)甲戌11 護良親王 鎌倉に配流
1335建武2乙亥12 中先代の乱 足利尊氏建武政権に叛す
南北朝時代
1336延元元(南朝)丙子13光明(北朝2)湊川の戦い(楠木正成戦死)足利尊氏光明天皇擁立 足利尊氏 建武式目制定 
1338暦応元(北朝)戊寅15 足利尊氏 征夷大将軍就任
1339暦応2(北朝)延元4(南朝)己卯16後村上97(南朝2)後醍醐天皇崩御 後村上天皇即位
1340興国元(南朝)庚辰17 阿蘇山噴火
1342康永元(北朝)壬午19  
1345貞和元(北朝)乙酉22  
1346正平元(南朝)丙戌23  
1348貞和(ジョウワ)4(北朝)正平(ショウヘイ)3(南朝)戊子25崇光(スコウ)(北朝3)光明天皇譲位 崇光天皇即位
1350観応(カンノウ)元(北朝)庚寅27 観応の擾乱
1352文和元(北朝)正平7(南朝)壬辰29後光厳(北朝4)後光厳天皇即位
1356延文元(北朝)丙申33  
1358延文3(北朝)正平7(南朝)戊戌35 足利尊氏 没 足利義詮 二代将軍就任
1361康安元(北朝)辛丑38  
1362貞治元(北朝)壬寅39 足利義詮 没
1368応安元(北朝)正平23(南朝)戊申45長慶98(南朝3)長慶天皇即位 足利義満三代将軍就任
1370健徳元(南朝)庚戌47  
1371応安4(北朝)建徳2(南朝)辛亥48後円融(北朝5)後光厳天皇譲位 後円融天皇即位 今川了俊(貞世)九州探題に着任
1372文中元(南朝)壬子49  
1375永和元(北朝)天授元(南朝)乙卯52  
1378永和4(北朝)天授4(南朝)戊午55 足利義満 室町第(花の御所)に移る
1379康暦元(北朝)己未56 康暦の政変 管領細川頼之罷免 義満の独裁
1381永徳元(北朝)弘和元(南朝)辛酉58  
1382永徳2(北朝)弘和2(南朝)壬戌59後小松100(北朝6)後円融天皇譲位 後小松天皇即位
1383永徳3(北朝)弘和3(南朝)癸亥60後亀山99(南朝4)長慶天皇譲位 後亀山天皇即位
1384元中元(南朝)甲子1  
1387嘉慶元(北朝)丁卯4  
1389康応元(北朝)己巳6 足利義満 厳島遊覧
1390明徳元(北朝)庚午7  
1391明徳2(北朝)元中8(南朝)辛未8 明徳の乱 山名氏清 敗死
1392明徳3(北朝)元中9(南朝)壬申9 南北朝の合体
室町時代
1394応永元甲戌11 足利義満将軍を足利義持に譲位 足利義持四代将軍に就任
1398応永5戊寅15 足利義満 鹿苑寺金閣建立
1399応永6己卯16 応永の乱 大内義弘 堺で敗死
1404応永11甲申21 足利義満 明使と引見 勘合貿易開始
1408応永15戊子25 後小松天皇 北山殿に行幸 足利義満と並座する 足利義満 没
1412応永19壬辰29称光101称光天皇即位
1419応永26己亥36 応永の外寇 朝鮮の兵船対馬に来襲
1423応永30癸卯40 足利義量 五代将軍就任
1425応永30乙巳42 足利義量 没
1428正長元戊申45後花園102後花園天皇即位 足利義持 没 足利義教 六代将軍就任  正長の徳政一揆
1429永享元己酉46 尚巴志 琉球王国を建国 播磨の土一揆
1432永享4壬子49 足利義教 同淵を明に派遣 明との国交回復
1438永享10戊午55 永享の乱 義教 鎌倉公方 持氏を追放
1441嘉吉元辛酉58 嘉吉の変 赤松満祐 義教を謀殺
1442嘉吉2壬戌59 足利義勝 七代将軍就任 
1443嘉吉3癸亥60 対馬島主宗貞盛 朝鮮と癸亥約定(嘉吉条約)調印
1444文安元甲子1  
1449宝徳元己巳6 足利義成(1453年足利義政に改名)八代将軍就任 足利成氏 鎌倉公方就任
1452享徳元壬申9 細川勝元 管領就任
1454享徳3甲戌11 享徳の乱 享徳の徳政一揆
1455康正元乙亥12 古河公方のはじめ
1457長禄元丁丑14 太田道灌 江戸城築く 堀越公方のはじめ
1460寛正元庚辰17 寛正の大飢饉
1464寛正5甲申21後土御門103後花園天皇譲位 後土御門天皇即位
1466文正元丙戌23  
戦国時代 1467年―1590年
1467応仁元丁亥24 応仁の乱(東軍 細川勝元 西軍 山名持豊)
1469文明元己丑26  
1471文明3辛卯28 蓮如 越前吉崎御坊設立 
1473文明5癸巳30 足利義尚 九代将軍就任 細川勝元 没 山名持豊 没
1474文明6甲午31 加賀の一向一揆 守護富樫政親と対立
1477文明9丁酉34 応仁・文明の乱終結
1482文明14  享徳の乱終結
1487長享元丁未44  
1489延徳元己酉46  
1490延徳2庚戌47 足利義稙 十代将軍就任
1492明応元壬子49  
1495明応4乙卯52 足利義澄 十一代将軍就任
1500明応9庚申57後柏原104後土御門天皇崩御 後柏原天皇即位
1501文亀元辛酉58  
1504永正元甲子1  
1521大永元辛巳18 足利義晴 十二代将軍就任
1526大永6丙戌23後奈良105後柏原天皇崩御 後奈良天皇即位
1528享禄元戊子25  
1532天文元壬辰29  
1543天文12癸卯40 鉄砲伝来 
1546天文15丙午43 足利義輝 十三代将軍就任
1555弘治元乙巳42  
1557弘治3丁巳54正親町106後奈良天皇崩御 正親町天皇即位
1558永禄元戊午55  
1560永禄3庚申57 桶狭間の戦い 織田信長 今川義元を破る
1561永禄4辛酉58 長尾景虎 上杉憲政から上杉の家督と関東管領の職を譲渡され上杉政虎と改める 第四次川中島の戦い 
1565永禄8乙丑2 足利義栄 十四代将軍就任
1568永禄11戊辰5 織田信長 足利義明を奉じて入京 足利義昭 十五代将軍就任
1570元亀元庚午7  
1571元亀2辛未8 信長 比叡山延暦寺を焼き討ち
1573天正元癸酉10 信長 足利義明を追放 室町幕府滅亡
安土桃山時代 1573年―1603年
1575天正3乙亥12 長篠の合戦 信長・家康 武田勝頼に大勝
1576天正4丙子13 信長 安土城築城開始
1582天正10壬午19 天目山の戦い 武田氏滅亡 6月 本能寺の変 山﨑の合戦 羽柴秀吉 明智光秀を破る
1583天正11癸未20 賤ケ岳の戦い 羽柴秀吉 柴田勝家を破る
1584天正12甲申21 小牧・長久手の戦い
1585天正13乙酉22 羽柴秀吉 関白となる
1586天正14丙戌23後陽成107正親町天皇から譲位 後陽成天皇即位 羽柴秀吉 太政大臣となり豊臣姓を賜わる
1590天正14庚寅27 豊臣秀吉 小田原攻め
1592文禄元壬辰29 文禄の役
1596慶長元丙申33  
1597慶長2丁酉34 慶長の役
1598慶長3戊戌35 五大老・五奉行設置 秀吉没 朝鮮の日本軍撤退
1600慶長5庚子37 関ヶ原合の戦い
1603慶長8癸卯40 徳川家康 江戸幕府 初代征夷大将軍就任
江戸時代 1603年―1868年
1604慶長9甲辰41 江戸幕府 糸割符制度を定める
1605慶長10乙巳42 徳川秀忠 二代征夷大将軍就任
1607慶長12丁未44 林羅山 幕府儒者に任用
1609慶長14己酉46 島津家久 琉球出兵 オランダ船に貿易許可 平戸に商館許可
1611慶長16辛亥48後水尾108後陽成天皇から譲位 後水尾天皇即位 明国商人に長崎貿易許可
1612慶長17壬子49 直轄領に禁教令
1613慶長18癸丑50 公家衆法度 禁教令全国に及ぶ
1614慶長19甲寅51 方広寺鐘銘事件 大坂冬の陣
1615元和元乙卯52 大坂夏の陣 豊臣氏滅亡 武家諸法度 禁中並公家諸法度
1616元和2丙辰53 徳川家康 没 東照権現の神号授与
1617元和3丁巳54 徳川家康に東照大権現の神号授与
1623元和4癸亥60 徳川家光 三代征夷大将軍就任
1624寛永元甲子1  
1629寛永6己巳6明正109後水尾天皇譲位 明正天皇即位
1635寛永12乙亥12 武家諸法度(寛永令)
1637寛永14丁丑14 島原の乱
1643寛永20癸未20後光明110明正天皇譲位 後光明天皇即位
1644正保元甲申21  
1648慶安元戊子25  
1651慶安4辛卯28 徳川家綱 四代征夷大将軍就任  由井正雪の乱
1652貞応元壬辰29  
1654貞応3甲午31  
1655明暦元乙未32後西111後光明天皇崩御 後西天皇即位
1657明暦3丁酉34 徳川光圀 『大日本史の編纂』に着手 明暦の大火
1658万治元戊戌35  
1661寛文元辛丑38  
1663寛文3癸卯40霊元112後西天皇譲位 霊元天皇即位
1673延宝元癸丑50  
1680延宝8庚申57 徳川綱吉 五代征夷大将軍就任
1681天和元辛酉58  
1684貞享元甲子1 若年寄稲葉正休、大老堀田正俊を江戸城中で刺殺 
1685貞享2乙丑2 生類憐みの令 
1687貞享4丁卯4東山113霊元天皇譲位 東山天皇即位
1688元禄元戊辰5 
1702元禄15壬午19赤穂事件
1704宝永元甲申21  
1709宝永6己丑26中御門114東山天皇譲位 中御門天皇即位
   徳川家宣 六代征夷大将軍就任 
1711正徳元辛卯28 
1713正徳3癸巳30徳川家継 七代征夷大将軍就任 
1716享保元丙申33徳川吉宗 八代征夷大将軍就任 
    享保の改革
1717享保2丁酉34大岡忠相江戸町奉行に就任
1735享保20乙卯52桜町115中御門天皇譲位 桜町天皇即位
1736元文元丙辰53元文金銀鋳造
1741寛保元辛酉58  
1744延享元甲子1  
1745延享2乙丑2 徳川家重 九代征夷大将軍就任 
1747延享4丁卯4桃園116桜町天皇譲位 桃園天皇即位
1748寛延元戊辰5 
1751宝暦元辛未8 
1760宝暦10庚辰17 徳川家治 十代征夷大将軍就任 
1762宝暦12壬午19後桜町117桃園天皇譲位 後桜町天皇即位
1764明和元甲申21 
1769明和6己丑26 田沼意次老中格
1770明和6 後桃園118(~1779)後桜町天皇譲位 後桃園天皇即位
1771明和8辛卯28ロシア船奄美大島漂着
1772安永元壬辰29 
1778安永7戊戌35 ロシア船松前藩に来航通商要求
1779安永7己亥36光格119(~1817)後桃園天皇譲位 光格天皇即位
1781天明元辛丑38 
1786天明6丙午43田沼意次罷免
1787天明7丁未44徳川家斉 十一代征夷大将軍就任 松平定信老中首座
1789寛政元己酉46 寛政の改革
1791寛政3辛亥48最上徳内択捉島探査
1796寛政8丙辰53英国プロートン室蘭来航
1799寛政11己未56高田屋嘉平択捉航路開設
1800寛政12庚申57八王子千人同心100名蝦夷地入植 伊能忠敬江戸出発
1801享和元辛酉58 
1802享和2壬戌59蝦夷奉行設置
1804文化元甲子1露国レザノフ長崎来航
1807文化4丁卯4露船択捉島襲撃
1808文化5戊辰5間宮林蔵樺太島確認 フェートン号事件
1809文化6己巳6 間宮林蔵間宮海峡発見
1817文化14丁丑14仁孝120(~1846)光格天皇譲位 仁孝天皇即位  英国船浦賀来航
1818文政元戊寅15英国人ゴルドン浦賀来航
1825文政8乙酉22異国船打払令
1828文政11戊子25シーボルト事件
1830天保元庚寅27水戸徳川斉昭藩政改革
1834天保5甲午31水野忠邦老中就任
1837天保8丁酉34徳川家慶 十二代代征夷大将軍就任
1839天保10己亥36蛮社の獄 水野忠邦老中首座
1841天保12辛丑38水野忠邦 天保の改革
1843天保12癸卯40上知令発布 水野忠邦老中罷免
1844弘化元甲辰41水野忠邦再任 オランダ国王開国勧告
1845弘化2乙巳42 阿部正弘老中首座  開国勧告拒否 海防掛設置
1846弘化2丙午43孝明121(~1867)仁孝天皇崩御 孝明天皇践祚  米国東インド艦隊ビッドル浦賀に来航
1848嘉永元戊申45 
1853嘉永6癸丑50徳川家定 十三代代征夷大将軍就任    米国東インド艦隊ペリー浦賀来航
1854安政元甲寅51ペリー浦賀再来航  日米和親条約調印
1855安政2乙卯52蝦夷地全土直轄   堀田正睦老中首座  安政の大地震
1856安政3丙辰53米総領事ハリス下田着任
1857安政4丁巳54下田条約調印
1858安政5戊午55堀田正睦 条約勅許失敗    井伊直弼大老就任 安政の大獄   徳川家茂 十四代代征夷大将軍就任
1859安政5己未56橋本左内、頼三樹三郎、吉田松陰らを死罪
1860万延元庚申57桜田門外の変
1861文久元辛酉58露艦対馬占拠事件  幕府遺欧使節出発
1862文久2壬戌59坂下門外の変 会津藩主松平容保京都守護職任命
1863文久3癸亥60将軍家茂上洛
1864元治元甲子1 禁門の変
1865慶応元乙丑2 英国公使バークス横浜着任
1866慶応2丙寅3 薩長連合 将軍家茂急死 徳川慶喜 十五代代征夷大将軍就任  孝明天皇崩御
1867慶応3丁卯4明治122(~1912)大政奉還 王政復古の大号令  坂本龍馬暗殺
1868慶応4  明治元戊辰5戊辰戦争  五箇条の御誓文
1869明治2己巳6箱館榎本武揚降服
1870明治3庚午7工部省設置
1871明治4辛未8廃藩置県 岩倉使節団出発
1872明治5壬申9近衛兵設置 新橋横浜間鉄道開業 太陽暦採用
1873明治6癸酉10内務省設置

十二支十干表