健康情報

血糖値がみるみる下がる! 7秒スクワット ~1回7秒! 薬に頼らずヘモグロビンA1cが下がる! ~ (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/4/16

宇佐見啓治  (著)

出典 https://aobazon.com/

糖尿病の治療をしている人
血糖値が高めで不安な人
糖尿病にぜったいなりたくない人

『糖尿病』『血糖値が高い』と聞くと
厳しい食事制限や1日1万歩の運動など
ツラい、キツというイメージがありますよね。

本書で紹介する『7秒スクワット』は
なんと1回たった7秒の
スクワットを1日10回×3セット行うだけ。
しかも毎日行う必要はなく

週に2回でOK!

太ももの筋肉を刺激することで
血中のブドウ糖を取り込みやすくなり
血糖値が安定していく この「7秒スクワット」。

医師であり、ボディビルの大会にも出場する
著者が20年以上の研究を重ねて、考案した
誰でもいますぐできる、血糖値を安定させる
スクワットです。
血糖値でお悩みの方はぜひお手に取ってみてください。

なんと1回たった7秒の スクワットを 1日10回×3セット行うだけ。

しかも毎日行う必要はなく 週に2回でOK!

丁寧なレクチャーで安心! 太ももの筋肉を刺激することで 血中のブドウ糖を取り込みやすくなり 血糖値が安定していきます。

足腰に自信がなくても大丈夫! 医師であり、ボディビルの大会にも出場する 著者が20年以上の研究を重ねて、考案した 誰でもいますぐできる、血糖値を安定させる スクワットです。 血糖値でお悩みの方はぜひお手に取ってみてください。

出典 https://aobazon.com/

安保徹先生の免疫学

安保徹

 

新型コロナウイルスの感染は怖ろしいですね。万が一感染したとしても「免疫力」が体に備わっていれば、免疫の力でウイルスを死滅させる力が人間の体に備わっているのです。

このコーナは、人間の自然治癒力について解説します。

日本の免疫学では、故 安保 徹先生(あぼ とおる 1947年10月9日ー2016年12月6日。青森県出身の医学博士。専門は免疫学。日本自律神経病研究会終身名誉理事長。)が有名です。

安保先生は、1972年に東北大学医学部を卒業。1980年「ヒトNK細胞抗原CD57に関するモノクローナル抗体を作成し「Leu7」と命名」しました。1989年「胸腺外分化T細胞を発見」。1990年に新潟大学医学部教授就任。1996年「白血球の自律神経系支配のメカニズムを解明」。自律神経免疫治療研究の第一人者として活躍してましたが、惜しくも、2016年12月6日に御逝去されました。

本講座では安保 徹先生の書籍を紹介して、解説したいと思います。

安保徹の免疫力を上げる45の方法 (健康実用)

本書は、食材の持つパワー。副交感神経を優位にする食品。病気を防ぐ食習慣。体を温める。など、45の方法を紹介してます。

免疫を高めると病気は勝手に治る2015年版 (安保名誉教授が健康長寿の新常識を伝授!)

本書は、自律神経と白血球の連動性を示した免疫学「福田・安保理論」を基に、薬を常用する害と、低体温が体に与える害を丁寧に解説してます。「二大ストレス源」を排除して「四大極意」を心がけて生活する事で免疫力を高めようと提唱してます。

 

土地建物無料査定