南部陽一郎

概要

 南部陽一郎(なんぶよういちろう)大正十(1921)年辛酉(かのととり58)一月十八日生誕 -平成二十七(2015)年七月五日逝去(九十四歳)は、理論物理学者。

経歴

  大正十(1921)年辛酉(かのととり58)一月十八日に南部陽一郎は東京府東京市麻布区元麻布で誕生する。

 昭和十五年(1940年)に第一高等学校を卒業する。 昭和十七年(1942年)に 東京帝国大学理学部物理学科を卒業する。 昭和二十四年(1949年)に大阪市立大学理工学部助教授に就任する。 昭和二十九年(1954年)にシカゴ大学に移籍する。平成二十年(2008年)にノーベル物理学賞を受賞する。 平成二十七(2015)年七月五日に南部陽一郎は逝去。九十四年の生涯を終えた。

阿川弘之

概要

 阿川弘之(あがわひろゆき) 大正九(1920)年庚申(かのえさる57) 十二月二十四日生誕 -平成二十七(2015)年八月三日逝去(九十四歳)は、小説家、評論家。

経歴

  大正九(1920)年庚申(かのえさる57) 十二月二十四日に阿川弘之は広島県広島市白島九軒町土手通り(現、 広島県広島市中区 白島九軒町 ) で実業家の父・阿川甲一と母・キミの長男として誕生する。

 旧制広島高等学校を卒業する。昭和十七年(1942年)東京帝国大学文学部国文学科を繰り上げ卒業する。同年九月に海軍予備学生として海軍に入隊する。主要作品は、戦記文学や記録文学である。 平成二十七(2015)年八月三日に阿川弘之は逝去。九十四年の生涯を終えた。

竹内均

概要

 竹内均(たけうちひとし )大正九(1920)年庚申(かのえさる57) 七月二日生誕 -平成十六(2004)年四月二十日逝去(八十三歳)は、地球物理学者。

経歴

  大正九(1920)年庚申(かのえさる57) 七月二日に竹内均は福井県大野市で誕生する。

  第四高等学校を卒業する。昭和十八年(1943年)に東京帝国大学理学部地球物理学科を卒業する。昭和二十三年(1948年)に東京大学理学部大学院を卒業する。昭和三十八年(1963年)に東京大学理学部教授に就任する。 平成十六(2004)年四月二十日に竹内均は逝去。八十三年の生涯を終えた。

梅棹忠夫

概要

 梅棹忠夫(うめさおただお) 大正九(1920)年庚申(かのえさる57) 六月十三日生誕 -平成二十二(2010)年七月三日逝去(九十歳)は、生態学者、民族学者、情報学者、未来学者。

経歴

  大正九(1920)年庚申(かのえさる57) 六月十三日に梅棹忠夫は京都市で父・菊次郎と母・ヱイの長男として誕生する。

  第三高等学校を卒業する。昭和十八(1943)年九月に京都帝国大学理学部動物学科を卒業する。昭和二十四(1949)年四月に大阪市立大学理工学部助教授に就任する。昭和四十(1965)年八月に京都大学人文科学研究所 助教授に就任する。 昭和四十四(1969)年四月に京都大学人文科学研究所 教授に就任する。 昭和四十九(1974)年六月に 国立民族学博物館初代館長に就任する。 平成二十二(2010)年七月三日に梅棹忠夫は逝去。九十年の生涯 を終えた。

楢崎弥之助

概要

 楢崎弥之助(ならざきやのすけ) 大正九(1920)年庚申(かのえさる57) 四月十一日生誕 -平成二十四(2012)年二月二十八日薨去(九十一歳)は、 政治家。

経歴

 大正九(1920)年庚申(かのえさる57) 四月十一日に楢崎弥之助は福岡県で誕生する。

 福岡高等学校を卒業する。京都帝国大学農学部を中退する。昭和二十年(1945年)に九州帝国大学法文学部法科を卒業する。同年、日本社会党の結党大会に参加する。昭和五十三年(1978年)に社会党を離党して社会民主連合の結成に参画する。 平成二十四(2012)年二月二十八日に楢崎弥之助は薨去。九十一年の生涯を終えた。

三船敏郎

概要

 三船敏郎(みふねとしろう) 大正九(1920)年庚申(かのえさる57) 四月一日生誕 -平成九(1997)年十二月二十四日逝去(七十七歳)は、 俳優、映画監督、映画プロデューサー。

経歴

 大正九(1920)年 庚申(かのえさる57) 四月一日に三船敏郎は中国山東省青島で父・徳造と母・センの長男として誕生する。

 昭和九年(1934年)に大連中学校に入学する。昭和二十一(1946)年六月に東宝ニューフェイスの面接試験を受け合格する。昭和二十三年(1948年)に黒澤明監督の『醉いどれ天使』に出演してスターとなる。 -平成九(1997)年十二月二十四日に三船敏郎は逝去。七十七 年の生涯を終えた。

佐治敬三

概要

 佐治敬三(さじけいぞう) 大正八(1919)年 己未(つちのとひつじ56) 十一月一日生誕 -平成十一(1999)年十一月三日逝去(八十歳)は、実業家 。

経歴

  大正八(1919)年 己未(つちのとひつじ56) 十一月一日に佐治敬三は大阪でサントリー創業者の鳥井信治郎の次男として誕生する。

 昭和十七(1942)年四月に大阪帝国大学理学部を卒業する。昭和二十年(1945年)にサントリーの前身である壽屋に入社する。昭和三十六年(1961年)に壽屋代表取締役社長に就任する。 昭和三十八年(1963年)に壽屋からサントリーに社名を変更する。 平成十一(1999)年十一月三日に佐治敬三は逝去。八十年の生涯を終えた。

宮澤喜一

概要

  宮澤喜一(みやざわきいち)大正八(1919)年 己未(つちのとひつじ56) 十月八日生誕 -平成十九(2007)年六月二十八日薨去(八十七歳)は、政治家 。

経歴

  大正八(1919)年 己未(つちのとひつじ56) 十月八日に宮澤喜一は東京で父・宮澤裕と母・ことの長男として誕生する。

 旧制武蔵高等学校を卒業する。東京帝国大学法学部政治学科を卒業する。昭和十七(1942)年一月に大蔵省に入省する。昭和二十八年(1953年)に第3回参議院議員通常選挙で広島県選挙区から出馬して当選する。

昭和四十二年(1967年)に第31回衆議院議員総選挙で出馬して当選する。通産省、外相、総務会長の要職を歴任する。平成三(1991)年十一月五日に内閣総理大臣に就任する。 平成十九(2007)年六月二十八日に宮澤喜一は薨去。八十七年の生涯を終えた。

金子兜太

概要

 金子兜太(かねことうた)大正八(1919)年己未(つちのとひつじ56)九月二十三日生誕 -平成三十(2018)二月二十日逝去(九十八歳)は、俳人。

経歴

  大正八(1919)年己未(つちのとひつじ56)九月二十三日に金子兜太は埼玉県比企郡小川町で父・金子元春と母・はるの長男として誕生する。旧制水戸高等学校を卒業する。昭和十八年(1943年)に東京帝国大学経済学部を卒業する。日本銀行に入行する。昭和四十九年(1974年)に日本銀行を定年退職する。 平成三十(2018)二月二十日に金子兜太は逝去。九十八年の生涯を終えた。

清家清

概要

 清家清(せいけきよし) 大正七(1918)年戊午(つちのえうま55)十二月 十 日生誕 -平成十七(2005)年四月八日逝去(八十六歳)は、建築家。

経歴

  大正七(1918)年戊午(つちのえうま55)十二月 十 日に清家清は京都府京都市で誕生する。

 昭和十六年(1941年)に東京美術学校(現、東京芸術大学)を卒業する。 昭和十八年(1943年)に東京工業大学を卒業する。 昭和三十七年(1962年)に 東京工業大学教授に就任する。 平成十七(2005)年四月八日に清家清は逝去。八十六年の生涯を終えた。